GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Diary Music

三鷹でヨーロッパ旅行(シンフォニエッタ・ソリーソ演奏会を聴いた)

投稿日:2014年9月28日 更新日:

今日は友人知人が多数関わっている「シンフォニエッタ・ソリーソ」というオーケストラの演奏会を聴きに、三鷹までいってきました。

パンフレットにこの団体のプロフィールがあるので、転載。

「笑顔の室内管弦楽団」という名を持つオーケストラです。「R・シュトラウスのオーボエ協奏曲がやりたい」という一念で2013年3月に第1回演奏会をかいさいし、その後も「この曲がやりたい!」という機運が高まったときに仲間を募って不定期で活動しています。指揮者やソリストも団員として参加し、団員ひとりひとりが意見を出し合って音楽に取り組む「皆で作るオケ」を目指しつつ、団名の通り、練習も楽しく、本番はもっと楽しく、でも演奏は真剣に・・・と日々練習に励んでいます。

素晴らしいコンセプトのオーケストラ!

初回の演奏会には伺えなかった(でも何故か打ち上げの2次会に居たんだよな、そういえば俺w)のですが、昨年おこなわれた2回目の演奏会を聴かせてもらい、本当にみんなの人柄がそのまま音になっているような、すてきなオーケストラだなぁ、と思って楽しんだのを思い出します。

今回が3回目。前回と同じく三鷹のホールで、どんな演奏を聴かせてくれるか、とても楽しみにしていきまして、とても楽しく聴けました。もちろん課題もいろいろあるわけですが、私がアレコレ言う話でもないし、そんなことは今日演奏された皆さんの方がもっと高い問題意識を持っていらっしゃると思うので、ここでは感想を述べるのにとどめておきます。

今回なんですが、すごいプログラム。

フォーレ:組曲「マスクとベルガマスク」
R・シュトラウス:ホルン協奏曲第1番(独奏:平本彩)
グリンカ:幻想曲「カマーリンスカヤ」
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」

指揮:三浦領哉
演奏:シンフォニエッタ・ソリーソ

フランスからドイツ、ロシアにいってイタリア(ドイツ寄り?)というプログラムで、面白かったのはアナウンス。飛行機の機内放送のようなアナウンスでした。なんか、よかったw

さて演奏ですが、とにかくね、このプログラムは弦楽器がやばいんですよ。難しい!個人が弾けるようになるのが難しい上、合わせるのも難しい。そしてそれぞれの曲のキャラクターによって響きが変わるので、それを意識しなきゃいけない。練習ほんと大変だったろうなぁ、と・・・。

実はほとんどTwitterでTweetしちゃってる感想ですが、それはまぁそっちを見てもらうとして。
https://twitter.com/gijin_ob/status/516129581116301312
https://twitter.com/gijin_ob/status/516130114027806721
https://twitter.com/gijin_ob/status/516130552001208321
https://twitter.com/gijin_ob/status/516130860592930817
https://twitter.com/gijin_ob/status/516131559410118657
https://twitter.com/gijin_ob/status/516132113750294528
https://twitter.com/gijin_ob/status/516132926879059969
https://twitter.com/gijin_ob/status/516133460176429056
https://twitter.com/gijin_ob/status/516133748916514816
https://twitter.com/gijin_ob/status/516134340959297536

ちなみにアンコールはメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」の第4楽章ラスト。いや、流石にやりすぎですwww 本当にお腹いっぱいすぎwww ちょっと盛り沢山すぎるwww

とても楽しい時間を過ごせました。本当にありがとうございました。定期的に、というわけではないようですが、次回の演奏会も楽しみにしておりますのでまたやってください!そしたらまた客席で「ぐぎぎぎぎ」ってやってますからw

シンフォニエッタ・ソリーソのページはこちら

IMG_1784-0.JPG

-Diary, Music
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日記という名のガルパン鑑賞記(最終章第1話みてきました)

ちょっと某youtuberさんに感化されて、VLOGとか撮ってみたくなってる今日このごろいかがお過ごしでしょうか。アクションカメラほしいなぁ。

オーボエパートのある、モーツァルトのレクイエム編曲版!

モーツァルト最後の作品にして、未完の名作「レクイエム」。 名曲中の名曲で、弟子のジェスマイヤーによる補筆完成版や、音楽研究者による様々な考察によって(半ば無理矢理)完成させた版など、いろいろあるわけで …

カティア・ブニアティシビリというピアニスト

本番も終えてようやく気持ちも落ち着いてきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 すっかり秋の様相ですが北のほうはもう冬なんじゃね?ってくらい寒いらしいので体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ。 …

iPhone6 plus の本申し込みが完了!

いやー、こないこないといっていたiPhone6 plus の本申し込みメールが、午前中に届きました! 申し込みを無事に済ませて、月曜には届くようです。週末はさわれないけど、来週火曜はお休みですし、そこ …

2018年を振り返る「音楽活動」編

早いもので大晦日。振り返りとかやるの今日がもうぎりぎり最後ですねそういえば。 一応オーボエ吹いたり指揮棒振ったりする趣味を持ちつつ、あんまりそういう話題を書いてきたりしてなかったですが、ちょっとだけ大 …

2022/12/31

え?一年更新してなかった?というわけで今年もお世話になりました

前回の更新が昨年の大晦日ですか・・・。 Blogを更新しようという気力が湧かなかったこともあり、一年放置してしまいました。

2021/12/31

2021年振り返り(いろんな「モノ」編)

あれ?もう2021年終わり?今年のBlog記事、いくつ出したっけ?

2021/10/13

10年ひとむかし

前回が2月?そんなに書いてなかったっけ? ということで、気付けば2021年も残り3ヶ月切ったとかマジですか。

2021/02/17

そしてRazerへ・・・〜Razer BlackWidow Lite〜

昨日、あんな話題を書いておきながら、今日使っているキーボードは違ってたりしますが何か。

2021/02/16

Empomaker SK64 Gateron Redはキーボード難民の救世主になるか

愛用のメガネが赤ということもあって、メカニカルキーボードも赤軸が好きです。でもGateron軸ってのは初めてでした。

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京(妻子は盛岡に残してた)だったんだけど一時的に盛岡に戻ってきてたり。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2014年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930