GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Music

(珍しく)演奏会のお知らせ

投稿日:2016年9月19日 更新日:

そういえば自分はオーボエ吹きだったよね、というわけで、珍しく自分が出演する演奏会のお知らせ。


ひっさしぶりに活動を再開する「WTB合奏団」が演奏会を開きます。

10月9日 14時開演(13時半開場)
盛岡市民文化会館マリオス小ホール

マスカーニ/カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲
バッハ/ピアノ協奏曲第1番ニ短調(パンフレットは「チェンバロ」となってますが、ピアノでやります)
マルチェロ/オーボエ協奏曲ニ短調
チャイコフスキー/弦楽セレナーデニ短調

えーと、オーボエで出るんですけど、カヴァレリアのみの出番です。
小節数にして5小節くらいっすかね(楽譜見てない)。
これだけです、はい。これだけ。

あとは私はMC担当でございます。MC担当はまぁこの団体の演奏会ではずっとやってるんで、まぁいいんですけど。
独奏、って紹介されるのは辛いよなーw
ドヴォルザークの8番でアングレのためだけにトラで某オケに出たことを思い出しました(オーボエのアシですらなく、本当に1楽章のあそこだけしか吹かなかった)。
まぁこれもネタになるから美味しいんですけどw

とはいえ、オーボエ吹きならなんとなくわかると思いますけど、カヴァレリアって短いくせにクッソ難しいんですよ。
High Cってのもそうだし、中音のCで最後伸ばしの音があるとかもう本当になんの拷問なのかとw
いや、これが普段から吹いてるんならいいんですけど、年に3回くらいしかオーボエ開かないエセオーボエ奏者としてはヤバいよヤバいよ状態なわけであります。

ということで、慌てて(いや遅いだろ)リードの調達とオーボエの調整のため、九段下にある「美ら音工房 ヨーゼフ」(旧ムジーク・ヨーゼフ)のアトリエへ。
美ら音工房ヨーゼフ|オーボエ・クラリネット・ピッコロ木管楽器メーカー

前はいつ来たんだっけなー・・・というくらいお久しぶりでございます。
まぁ楽器も買い戻しましたし、胸張って来れるわけですが、オーボエ吹くという行為そのものから離れつつあったので、まぁやっぱり変な負い目を感じているのです(ヨーゼフに、というよりも、オーボエ吹きである、と自称することそのものに)。

この負い目ってやつが結構厄介でして、オーボエ吹きの集まりだったり、プロフェッショナルな方々とお話したり、FBやTwitterで繋がったりすることを、実は避けておりまして・・・。
昔はあんなに「オーボエこそ我が人生」みたいな生活してたはずなのになー。

まあそんなこと言ってる場合じゃないのですが・・・。

ということで、久しぶりにオーボエ吹きましたw

ちょっとした出会い(知己に会えました)もありつつ、リードを2本選定。
まぁ今日が良くても次に吹いたら変わっているかもしれないのですが、これならなんとかなるでしょう、というところを。
まぁ6千円以上ぶっ飛ぶわけですが仕方ない。

で、楽器の調整もお願いして(素晴らしい調整!)、店長のFさんとちょっとお話しました。

やっぱりね、まだ「もったいない」って言ってもらえてるうちに、再開すべきなんだよなー、と改めて。
オーボエ、やっぱり面白いんだよねぇ。

とはいえ、都内でオケに入るというのも難しいし、やっぱ自分でオケ作る方が・・・とか思いつつ、それだと棒振りになるよなぁ(それはそれで面白いんだけど)というのもあるので、アンサンブルとかやればいいのかなぁ、とか。
それか指揮者なしの室内オケなんかもいいね!!!

・・・とまぁいつも通りの妄想に耽りつつ、まずは人前で吹けるくらいにはいろいろ戻さないとなぁ、と。
練習場所どうするかなぁ・・・。

そんなわけで、演奏会、入場無料ですし私以外は最高(ピアノ、オーボエ、そして弦楽!)なので、おヒマならどうぞおいでくださいまし。

Posted from するぷろ for iOS.

-Music
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

近況報告と、「ハルサイ」の新たな名演

すっかり間が空いてしまったこのBlogですが、まぁまぁ元気でやっております。なんというか、色んな意味で落ち着いた日々を過ごしているというか。 モノノフとしては現場にはもう随分行かなくなりましたけれど、 …

no image

デュトワがモントリオール交響楽団に久しぶりに帰ってきてました

クラシック音楽ファンにとって、思いつく指揮者とオケのコンビは一体どれでしょうか。カラヤン/BPO、バーンスタイン/NYP、ベーム/VPO、ショルティ/CSOなどなど枚挙に暇はありません。 そんな中でも …

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏を偲ぶ

既にNHK交響楽団のニュースや読売日本交響楽団のニュースにも記載がありますが、指揮者のスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏が亡くなりました。享年93。

極私的名奏者列伝〜ハンスイェルク・シェレンベルガー〜

ちょっと今回からシリーズじゃないけれど、不定期ではありますが、自分が個人的に好んで聴くオーボエ奏者について、その録音とともにご紹介していこうかな、と思っています。第一回はシェレンベルガー。

no image

Parrot Zik 2.0 またまた壊れる(3回目)

以前も書いたことがあるんだけれど、ヘッドホンとして自分の愛機は「Parrot Zik 2.0」であります。クラシック音楽聴くのに、個人的にはモバイル環境においては今のところは(いくつか不満はありながら …

2021/02/17

そしてRazerへ・・・〜Razer BlackWidow Lite〜

昨日、あんな話題を書いておきながら、今日使っているキーボードは違ってたりしますが何か。

2021/02/16

Empomaker SK64 Gateron Redはキーボード難民の救世主になるか

愛用のメガネが赤ということもあって、メカニカルキーボードも赤軸が好きです。でもGateron軸ってのは初めてでした。

2021/02/15

ラーメン愛、ふたたび 〜一風亭の担々麺〜

雨模様の盛岡。昨日誕生日を迎えた自分には何かが足りない・・・一体何が・・・そうか、ラーメンだ!!!

2021/02/14

なんとか無事に年齢を重ねました

いろいろありましたが、なんとか本日(バレンタインデー)46歳になりました。

2021/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2016年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930