GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Music

バレンボイムのブルックナー

投稿日:2016年1月31日 更新日:

白状するとバレンボイムのブルックナー、好きですw

ブルックナーはヴァント/BPOの5番で目覚めた人間ですが、その前に2度ほど感動した演奏かありまして。


一つは高校の時にテレビで見たチェリビダッケの来日公演による8番。正直に言うとコーダより前はただただ長くて遅くて重々しくてなんだかよくわからんということで飽きちゃってたのです。でもあのティンパニにやられました。

もう一つは、ラジオから流れてきた9番。
学生の時だったんですが、とてつもなく巨大な塊がそこにはあったというか。ケレン味溢れる演奏で、猛烈に感動したんですが、それがバレンボイム指揮ベルリンフィルによるライブだったんですよ。
当時はブルックナーが好きじゃなかったのと、バレンボイムが好きじゃなかったのも手伝って、「きっと感動したのは何かの間違い」ということでなかった事にしたのですが(どんだけ嫌いだったのか)。

それからもう20年以上の月日が流れて。

バレンボイムは手兵のベルリン・シュターツカペレと日本でブルックナーのツィクルスをやるとか。

あの頃と違って、ブルックナーにもバレンボイムにも苦手意識が無くなった自分ではありますが、この演奏会には食指が動きませんでした・・・。
(ちょっと個人的な理由もあって外出とかも控え気味になってはいるのですけれど)

そしたら、Apple Musicにこのコンビによるブルックナーの交響曲全集なんて転がってるじゃないですか!

シュターツカペレ・ベルリン & ダニエル・バレンボイムの「ブルックナー:交響曲全集」

この週末、いろんなことをやりながら、ですが、頭からずっと聴いてました。
ライブ録音のようですが、終演後に拍手が入るものと入らないものがあります。
ブルックナーの良し悪しというのは実は私はあんまりよくわからなくて、時間をとって聴こう、という気にあまりならないのですが、この全集に関してはあえて「素晴らしい」と書かせてもらいます。

ライブのせいか、ところどころ乱れる箇所はありつつ(盛大にミスが、ということではなく、合奏体として少しだけ乱れる瞬間がある、という意味です)、バレンボイムのカリスマっぷりがすごいです。
現代のカリスマ、っていうのが録音でも伝わってきます。
曲の解釈がどーのこーのという以前に、圧倒的な説得力。粗野にして豪放、って言いたくなるのですが実はものすごく繊細で。意図してバランスを結構いじっていて(録音が、ではなく演奏が、という意味)、テンポなんかもケレン味たっぷりとは言わないまでも、結構起伏の激しい設定。

これをきちんと表現するオーケストラが本当に素晴らしい。そしてオーボエが素晴らしい。いや本当に。まさかブルックナー聴きながらオーボエ吹きたくなるとは思わなかった・・・。

個人的に説得力を感じたのは1番、3番、4番、8番。
4番なんて久し振りにこんなに素晴らしい演奏を聴いた気がします。バレンボイムのアプローチに合致してる曲、なんでしょうねきっと。
さすがにこの4番のあとは5番を聴こうという気になれませんでした・・・すごいわ。

そんなわけで、今日から日本でのツアーが始まったようです。
さてどんな演奏を聴かせてくれるのか。
どれか一つでもいいので、公演をテレビ放送してほしいなぁ(出来れば全部・・・)。

東芝グランドコンサート2016 <オフィシャルサイト> ダニエル・バレンボイム 指揮 シュターツカペレ・ベルリン 国立管弦楽団

Posted from するぷろ for iOS.

-Music

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

無事に演奏会終了

ありゃ、気付いたら演奏会から1週間経ってるのか・・・ということで、盛岡で先週行われましたWTB合奏団第11回演奏会、無事に終わりました。

極私的名奏者列伝〜アレックス・クライン〜

なんのかんので4回目となりましたこの企画。これまでヨーロッパの奏者を取り上げてきましたので、ここらでアメリカに目を向けてみます。 ということで今回取り上げるのはアレックス・クラインです。

Apple Musicがやってきた!

ついにApple Musicがやってきました。 日本でも利用できるようになり、3ヶ月は無料お試し期間もあるので、早速登録しています。 いやぁ定額聴き放題ってすごいですね。 正直ここまでとは思っていませ …

今の若いオーボエ奏者にとっての「スター奏者」って誰なんだろう?

昨年、オーボエ奏者としてひっさしぶりにオケ乗ったんですよ。その時に声をかけて下さったオーボエ奏者の方と会話してた中で、面白い話題がありました。「今の若い子たちにとっての、憧れのオーボエ吹きって、一体誰 …

極私的名奏者列伝〜Alf Nilsson〜

ごく一部で話題になってる本連載、いよいよ第三回目になりまして。 第三回目はAlf Nilssonです。

2021/12/31

2021年振り返り(いろんな「モノ」編)

あれ?もう2021年終わり?今年のBlog記事、いくつ出したっけ?

2021/10/13

10年ひとむかし

前回が2月?そんなに書いてなかったっけ? ということで、気付けば2021年も残り3ヶ月切ったとかマジですか。

2021/02/17

そしてRazerへ・・・〜Razer BlackWidow Lite〜

昨日、あんな話題を書いておきながら、今日使っているキーボードは違ってたりしますが何か。

2021/02/16

Empomaker SK64 Gateron Redはキーボード難民の救世主になるか

愛用のメガネが赤ということもあって、メカニカルキーボードも赤軸が好きです。でもGateron軸ってのは初めてでした。

2021/02/15

ラーメン愛、ふたたび 〜一風亭の担々麺〜

雨模様の盛岡。昨日誕生日を迎えた自分には何かが足りない・・・一体何が・・・そうか、ラーメンだ!!!

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京(妻子は盛岡に残してた)だったんだけど一時的に盛岡に戻ってきてたり。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2016年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31