GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Diary

2020年が(ようやく)終わる

投稿日:

新型コロナウイルスであったり、大雪であったり、とても大変な2020年がようやく幕を閉じようとしております。
そんな2020年、実は私にとっても大きな転換の年でありました。

ちゃんと明確にしておりませんでしたが、実は9月末より9年過ごした東京のマンションを引き払って、盛岡に帰ってきていました。
ただし「期間限定」です。

様々な事情があって(詳細は書きませんが)、どうしても帰る必要があり、盛岡でのリモートワークという形で現在勤めている会社のご理解、ご協力をいただき、盛岡に帰ってくることができました。

ただ、この時期の岩手県は「感染者ゼロ」ということもあって、非常にピリピリ。

なので、次のような手順を踏みました。

・盛岡まで新幹線で帰ってくる
・妻と義父が車2台で迎えにくる
・2m離れたところで再会(半年以上ぶり)
・妻が1台の車の鍵を置いて、義父とともに1台の車へ
・それを確認したら私が車の鍵をとって、もう1台の車へ
・そのまま分かれて、私は盛岡の自宅へ(妻は義父の家へ)
・そのまま2週間、一歩も外に出ずに隔離生活

妻子は妻実家で生活をすることで実現しました。

いや、これは笑い事でもなんでもなく、実際にここまでやらないといろんな理解を得られないだろう、という「自己防衛」によるものなんですよね。
そこまでやらなくても、という声もあるんでしょうが、そこまでやっても言われるときは言われるわけですから・・・。

まぁそんな感じで2020年の後半は、まさかの9年ぶりの家族での生活となりました。
だからといって、良かったとは言えないほど、世の中が閉塞感に満ちあふれているわけで、どういう形であってもやはり「ツライ年」であった、という感想になってしまいます。

大晦日になって、国内の感染者数も最大となり、そして大雪・・・。
なかなかに苦しい年を象徴するような日となりました。

明日から新しい年を迎えるわけではありつつ、まだまだ苦しい日々が続くことになりますが、一日も早く皆様が心の平穏を取り戻せますよう、お祈りいたします。

そんなわけで、本年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

えびそば一幻って初めてだったけど美味いね

今日は客先直行。

乾燥する冬に負けないための準備アレコレ(スキンケア編)

東京の冬はツライです・・・岩手に35年間住んでた私が、この6年で得た結論はまさにコレ。寒さとか雪とかそういうのは圧倒的に東北である盛岡の方がツライのですが、そうじゃなく。そう、東京の冬はとにかく「乾燥 …

年度末にケアンズ行ってました

年度も切り替わってるのにBlogがすっかりご無沙汰になっておりました。まぁ幾つか理由はあるのですが、一番大きいのは、年度末の海外旅行。行き先はオーストラリアのケアンズでした。

SNSをまた少しずつ活発に

最近Blogとかのほかに、TwitterとかFacebookとかInstergramとかの活動もちょこちょこ増やしつつある今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。

no image

シン・ゴジラ讃

先週のことですが、『シン・ゴジラ』を見てきました。 控え目に言って「最高」。「シン・ゴジラはいいぞ」。

2021/02/17

そしてRazerへ・・・〜Razer BlackWidow Lite〜

昨日、あんな話題を書いておきながら、今日使っているキーボードは違ってたりしますが何か。

2021/02/16

Empomaker SK64 Gateron Redはキーボード難民の救世主になるか

愛用のメガネが赤ということもあって、メカニカルキーボードも赤軸が好きです。でもGateron軸ってのは初めてでした。

2021/02/15

ラーメン愛、ふたたび 〜一風亭の担々麺〜

雨模様の盛岡。昨日誕生日を迎えた自分には何かが足りない・・・一体何が・・・そうか、ラーメンだ!!!

2021/02/14

なんとか無事に年齢を重ねました

いろいろありましたが、なんとか本日(バレンタインデー)46歳になりました。

2021/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031