GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Music

カティア・ブニアティシビリというピアニスト

投稿日:2016年10月23日 更新日:

本番も終えてようやく気持ちも落ち着いてきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
すっかり秋の様相ですが北のほうはもう冬なんじゃね?ってくらい寒いらしいので体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

さて、ピアノです。ピアニストです。凄いですよ本当に最近の若手ピアニストの層の厚さは。


オーケストラや指揮者といったものと違い、1人で最初から最後まで演奏が可能なピアニストは、その技量だけでなく個性的な解釈というものを表現しやすいんだと思っています。
そのせいか、現代社会が求めるところの「多様性」というニーズに大きく応えられるという点で、クラシック音楽の世界では「ピアニスト」という人たちは一歩抜きん出ているんじゃないかなぁ、と思うわけです。

今日紹介するのは、その新世代の1人で「カティア・ブニアティシビリ」という方です。
一部では有名(ステージ衣装とか奔放な演奏とか)な方なので、ご存知の方もいらっしゃるかと。
NHK交響楽団とも共演してましたね(シューマンのピアノ協奏曲)。
オケ畑の自分としては、どうしてもピアニストとの出会いは協奏曲ってパターンが多いのですが、この人も私にとってはやはりこの共演が最初の出会いでした。

ということなので、ちゃんとしたソロ曲を聴くのは実は初めてでした。

あ、聴いたのはこちらの盤。

カティア・ブニアティシビリの「Kaleidoscope」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/pbe5_

ムソルグルスキーの展覧会の絵、ラヴェルのラ・ヴァルス、ストラヴィンスキーのペトルーシュカから3章。
いずれもピアノ独奏です。

展覧会の絵はどうしてもラヴェルによる名編曲の存在が無視できないんですよね。むしろピアノ独奏でこの曲を聴く人は相対的に見てオケ版聴くよりずっと少ないと思っています。
そして仮にピアノ独奏を聴くにしても、管弦楽による響きがどうしても邪魔をしてしまうというか、純粋に「ピアノ曲」として聴くことが難しいのは私だけでしょうか。

そんな中でも、この演奏は素晴らしい。
管弦楽編曲をちゃんと理解した上で、ピアノじゃないと表現できないことを明確に打ち出してきてる。
この演奏を聴いて「あー、やっぱりピアノ曲なんだなぁこれは」とものすごく納得してしまいました。
冒頭のプロムナードからも、これはやっぱりピアノで演奏されるべきテーマと思わせる説得力があり、以降も管弦楽と違う方向を「あえて狙って」演奏している節があり、意識しつつもうまく違いを(というかこっちが原曲なんですが)ちゃんと表現してるんですよねぇ。だから原曲を聴いた時の「物足りなさ」ってのはあんまり感じられなかったです。
そういう意味でこのグルジア出身の若手ピアニスト(まだ20代だ!)にただただ驚かされるというか。

で、併録のラ・ヴァルスがまたとんでもない演奏でw
展覧会の絵の編曲者に対して「原曲すごいでしょ?」と言いつつ、あえてラヴェル自身の管弦楽曲の傑作をピアノ編曲版で演奏して「ほら、ピアノだって管弦楽曲を演奏できるし、物足りなさなんて全くないのよ」と言っているようです。
というか、このラ・ヴァルスは本当に凄い演奏でして、この曲のピアノ編曲版ってどうしても最後の響きが団子になる(音が多すぎる)ことが多くて、頑張ってる感がすごすぎて逆に管弦楽による余裕が欲しくなることが多いんですよ。

ところが!
この演奏はまるでピアノのために書かれたような、こちらの方が原曲なんじゃないか?と思わされるほどの見事にスッキリとしつつ熱い演奏。ちょっと凄い・・・。

そして最後に、オケの中で使われているピアノを元にした作曲者自身による編曲版ペトルーシュカ。
言い過ぎかもしれないですが、この曲の代表と言われたポリーニに比肩しちゃうかもしれない演奏。
管弦楽の響きがピアノから聴こえてくるかのよう!

まさに「kaleidoscope」とはよくいったものです。
響き、テンポ、強弱、リズム、フレーズ、いろんな要素がそれはもう万華鏡のようにきらびやかに絡みつく。
あぁこれはちょっと癖になるかも・・・。

Amazon Prime Musicには無いようですが、前述のApple MusicやSpotifyにはこのあるばむは存在してますので、興味ある方、ぜひどうぞ。
とりあえずラ・ヴァルスだけ聴いても、損はしないと思います。

Posted from するぷろ for iOS.

-Music
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

オーボエパートのある、モーツァルトのレクイエム編曲版!

モーツァルト最後の作品にして、未完の名作「レクイエム」。 名曲中の名曲で、弟子のジェスマイヤーによる補筆完成版や、音楽研究者による様々な考察によって(半ば無理矢理)完成させた版など、いろいろあるわけで …

パーヴォ・ヤルヴィ / NHK交響楽団 2015/02/21 みなとみらい

昨日なんですが、横浜のみなとみらいホールで行われた演奏会に行ってきました!!!! もう先週これが楽しみで楽しみで! ・指揮:パーヴォ・ヤルヴィ ・ピアノ:ピョートル・アンデルジェフスキ ・オーケストラ …

オーボエを吹かずにオーボエの練習をする

そういえば俺ってオーボエ吹きだったよね、と思いたち、カラオケBOXいってオーボエ吹いてきました。たまにはオーボエのこと書かないと自分でもオーボエ吹きだってこと忘れちゃうから(苦笑)書いておきますよっと。

no image

年末に聴く音楽・・・第九の代わりは第九なのか

あー、年末ですよそういえば。 年末といえばクラヲタ(最近クロヲタな感じですが、一応クラヲタという一面はまだ残してるつもり)な私としては、第九の話題に乗っかりたくなるわけです。 何故か日本だけで年末に大 …

no image

Parrot Zik 2.0 またまた壊れる(3回目)

以前も書いたことがあるんだけれど、ヘッドホンとして自分の愛機は「Parrot Zik 2.0」であります。クラシック音楽聴くのに、個人的にはモバイル環境においては今のところは(いくつか不満はありながら …

2021/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020/12/31

2020年が(ようやく)終わる

新型コロナウイルスであったり、大雪であったり、とても大変な2020年がようやく幕を閉じようとしております。 そんな2020年、実は私にとっても大きな転換の年でありました。

2020/09/06

MacBook Pro 13inchがやってきた

あれ、気づけばもう9月になってるじゃん! ということでなんとか生きております。

2020/07/28

在宅勤務の強い味方 Astro MIXAMP と A40

もうすぐ8月、といいつつ、雨が長く続いている今日このごろ。地域によっては豪雨被害に遭われた方もいらっしゃるようで、どうぞ皆様ご安全に・・・。

2020/07/26

ご無沙汰&近況報告

どうも皆様ご無沙汰しております。Blogがすっかり放置気味になっていてすみません。 一応何とか元気でやっております。

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2016年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031