GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Diary

もしかしたら東京では自転車は最強の乗り物かもしれない(と思い込む)

投稿日:2015年10月19日 更新日:

9月で東京にきてから5年経っていました。
いま勤めている会社も10月から5年目に突入ということで、あっという間の5年だったなぁ、という感じ。

で、実は上京する時に自転車を持ってきていました。GIANTというメーカーのクロスバイク。盛岡に置きっ放しにしてもそれはそれで勿体無いなぁということで、持ってきていたんです。最初の頃は乗ってたんですけどね、2年くらい前からそのまま放置しちゃってて、ボロボロになっちゃってて・・・。さすがにこのままにしておくのは勿体無いよなぁ、というのもあって、修理してみよう!と。

平和島駅近くにある自転車店に持って行き、修理をしてもらいました。タイヤ交換、チェーン交換、ブレーキのワイヤー交換。それでも良心的な価格設定のおかげで一万円いかないくらいでした(本当にありがとうございます)。

そんなわけですっかり走れる状態になったMy自転車なので、日曜にちょっと会社のある北品川まで走ってみよう、と思い立ちまして。日曜はとてもよい天気でしたので楽しくサイクリング!

大井町の方を通ってみたりして、なんだか普段知らない道を走るってのは気持ちがいいですね。車通りのなるだけ少ない道を選んで走りましたけれど、小さい路地にいろんなお店なんかがあって、あぁこういう時にはちゃんとしたカメラとか欲しくなるなー、と思いました。

会社にきたんでちょっとだけ仕事して、そのまま北品川商店街をゆったりと走ってたら、気になるカフェをみつけました。
カイドウ ブックス&コーヒー」という店らしいです。

北品川商店街は、旧東海道の宿場町でもあったようで、その時の名残がいろいろあります。その名残を見学するツアーのようなものも結構あるみたいで、平日の昼間でもご年配の方々がカメラを片手に集団でガイドの話を聞きながら歩いているのをよく見かけますね。

この通りには「街道文庫」という書店もあるようで、全国の街道に関連する書籍を集めているとか。この街道カフェもその街道文庫さんと協力関係にあるようです。

少し暑いくらいでしたので、アイスコーヒーが飲みたくなり、水出しコーヒーを頼みます。

これがなかなか美味かった!
酸味と苦味がちょうどよく、スッキリと飲めました。ゴクゴク飲むのはちょっと勿体なかったんで、ちびちびと飲みつつ。

店内は書棚が並んでいて、街道に関するらしい書籍が並んでいます。ちなみに写真は1階なのですが、2階もありまして、そこはさらに書棚がたくさんありました。1階は入り口が完全にオープンになっているので、どうしてもいろんな音が入ってきます(私はそれすら心地よかった)が、2階はクローズドですので、集中して本を読んだりできるかなぁ、とか。

あまりに美味しかったので、お代わりを。
ドリップコーヒーの種類や豆の種類なんかも選べるし、店員さんがとにかくコーヒー大好きなオーラを醸し出しておりまして、ここは当たりだなー、と。
酸味が強すぎるのが苦手、というお話をしたら、ケニヤの豆をオススメされました。

これが当たり!
口当たりは苦味もほとんど感じず、すっと入ってくるのですが、口の中であとからジワッと苦味がきて、その苦味が消える瞬間に酸味がほんのりと感じられるとか、自分のそのときの好みにドンピシャでした。いやーここは良いね!!!

店内はそれなりに賑わっていて、あと取材もいくつか。TOKYO MXさんの番組にも出るらしく、取材に来た方に「もしかしてちょっと映り込むかもしれないのですが、よろしいですか?」と聞かれました。もちろんOKなのですが、まぁ写真だけ撮っていたので、後日改めてちゃんと取材されるのかもしれません。11月最初の土曜日だったかに放送される「東京クラッソ」とかいう番組らしいです。

そのあとに用事が控えていたので泣く泣く店を後にしたわけですが、こういう店を発見して、ふらっと入れる、というのは面白いよなー、と。週末に自転車でいろいろ回るの、これから面白いかも!と思い始めています(今更)。

いやー、それにしても、iPhoneのカメラじゃなくて、ちゃんとしたカメラが欲しくなりますね。カメラは全く詳しくない(というかそもそも興味もなかった・・・)もんで、ちょっと考えようかな。まぁ余裕があれば、ということで。

それにしても、神社仏閣とか、川とか橋とか、なかなか趣きある風景が多いこの「大森〜大井町〜品川」ライン、これからまた新たな発見が出来るのでは、と楽しみになりました。
そもそも「東海道」を自転車で走るなんて、東北に住んでた自分からすれば、凄いことだよなぁ、と。東北住まいは東海道には全然接点がないわけで、東海道五十三次くらいしか出てこないわけです。それでも、あの弥次喜多が歩いた(まぁ創作だとしても)道を、現代の自分が自転車で走る、って、ロマンだよなー。

なんかもっといろんなところ行かなきゃ勿体無いかも!と思った、そんな休日でした。

-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あけおめことよろ

もうなんか9日とかになってるんでいまさらですが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいいたします。

近況報告と、「ハルサイ」の新たな名演

すっかり間が空いてしまったこのBlogですが、まぁまぁ元気でやっております。なんというか、色んな意味で落ち着いた日々を過ごしているというか。 モノノフとしては現場にはもう随分行かなくなりましたけれど、 …

ということで「仕事納め」

一足お先に、本日で2015年の仕事納めとなりました。会社は来週月曜まで営業してるのですが、私は月曜お休みいただき、年末年始休暇に突入しました。 そんなわけで現在新幹線に乗って盛岡へ向かっているところで …

演奏会のハシゴ(新日本フィルとオルケストラ・クラシカ)

7/11(土)なんですが、オーケストラの演奏会をハシゴすることになりまして。 クラシック音楽の演奏会には出かけるのですが、一日に2公演聴く、というのはあまりないですね・・・疲れました(笑)。

no image

2011.3.11 あの時からの24時間

2011.3.11 大震災発生の直前。前職のオフィス(6Fだった)にいました。

2020/02/14

アラフィフになったようで・・・

えーと本日、誕生日を無事に迎えることができました。45歳。うわーアラフィフだー。

2020/01/14

飛行機の中で

長い年末年始が終わり、今日から社会復帰。 先週金曜には出社してるし休み中もなんかいろいろ仕事はしてましたけど、まぁ社会復帰に向けたリハビリのようなものでしたからw

2020/01/02

正月進行

さて年が明けてもう2日目ということで、とりあえずのんびり過ごしております。

2020/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019/12/31

今年もお世話になりました

2019年ももうすぐ終わり。あっという間に2010年代も終わりになり、次の10年が始まるという感じですね。  

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2015年10月
« 7月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031