GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

「 Music 」 一覧

極私的名奏者列伝〜アレックス・クライン〜

なんのかんので4回目となりましたこの企画。これまでヨーロッパの奏者を取り上げてきましたので、ここらでアメリカに目を向けてみます。 ということで今回取り上げるのはアレックス・クラインです。

極私的名奏者列伝〜Alf Nilsson〜

ごく一部で話題になってる本連載、いよいよ第三回目になりまして。 第三回目はAlf Nilssonです。

冬から春のこの時期に〜気鋭ネゼ=セガンによるドヴォルザーク交響曲第6番〜

すっかり日中はあたたかくなった都内。いよいよもって春が近い(というかもう春?)というところでしょうか。こういう陽気のときには「春」を感じる曲が聴きたくなります。

極私的名奏者列伝〜ラモン・オルテガ・ケロ〜

前回のシェレンベルガーの記事が思った以上に良い反応をいただきましたんで、第二回目をお送りいたします。第二回目はラモン・オルテガ・ケロです。

極私的名奏者列伝〜ハンスイェルク・シェレンベルガー〜

ちょっと今回からシリーズじゃないけれど、不定期ではありますが、自分が個人的に好んで聴くオーボエ奏者について、その録音とともにご紹介していこうかな、と思っています。第一回はシェレンベルガー。

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏を偲ぶ

既にNHK交響楽団のニュースや読売日本交響楽団のニュースにも記載がありますが、指揮者のスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏が亡くなりました。享年93。

今の若いオーボエ奏者にとっての「スター奏者」って誰なんだろう?

2017/02/21   -Music
 

昨年、オーボエ奏者としてひっさしぶりにオケ乗ったんですよ。その時に声をかけて下さったオーボエ奏者の方と会話してた中で、面白い話題がありました。「今の若い子たちにとっての、憧れのオーボエ吹きって、一体誰 …

ラトルとベルリン・フィルによるモーツァルト後期三大交響曲がまさかの発売

え?これ発売すんの?ちょっと驚きの録音が発売されることに。しかもCDじゃなくて「ダウンロード販売のみ」。

本番終了、そしてレジェール買っちゃってました(2016年吹き納め)

えーと、以前のエントリにも書いた通り、今年最初にして最後のオケ奏者本番が23日に終了しました。お誘いいただいて、たまたま日程が空いてたもんで。もうオケのステージなんて何年振りだろうか。

オーボエでステージに乗りまっす(まさかの年内)

2016/12/04   -Music
 

秋にWTB合奏団の演奏会にオーボエ奏者(カヴァレリア・ルスティカーナ前奏曲のみの出番ですけれど)としてなんとかステージ復帰したんですが、なんとオケに乗ることが決まりまして。2ndオーボエで、それも年内 …

no image

2017/06/06

Appleの新製品発表とかの所感

久々のBlog更新は、まあAppleの話。

2017/05/10

iA WriterでWordPressが更新できるらしい

最近ちょっとBlogをお休みしておりましたが、そろそろ再開な感じで。オーボエ吹き紹介連載もいろいろたまってるし。

2017/04/09

年度末にケアンズ行ってました

年度も切り替わってるのにBlogがすっかりご無沙汰になっておりました。まぁ幾つか理由はあるのですが、一番大きいのは、年度末の海外旅行。行き先はオーストラリアのケアンズでした。

2017/03/18

極私的名奏者列伝〜アレックス・クライン〜

なんのかんので4回目となりましたこの企画。これまでヨーロッパの奏者を取り上げてきましたので、ここらでアメリカに目を向けてみます。 ということで今回取り上げるのはアレックス・クラインです。

2017/03/12

極私的名奏者列伝〜Alf Nilsson〜

ごく一部で話題になってる本連載、いよいよ第三回目になりまして。 第三回目はAlf Nilssonです。

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930