GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Diary

年度末にケアンズ行ってました

投稿日:

年度も切り替わってるのにBlogがすっかりご無沙汰になっておりました。まぁ幾つか理由はあるのですが、一番大きいのは、年度末の海外旅行。行き先はオーストラリアのケアンズでした。

3/25〜3/30という、ド年度末に海外旅行ってのも、社会人的にどーなんだみたいな話もありますがまぁそこはちゃんと準備して(事前に仕事を終わらせるなり調整するなどして)ましたので、細かい話はいろいろありましたが大きな問題なく、無事に行ってこれました(社内の皆様、本当にありがとうございました)。

息子も4月で6年生に上がるのですが、ただでさえ家族離れて暮らしてて、中学に上がったりするとさらに家族水入らずの時間ってのも取れないよねえ、という話から、行ける時に息子を海外に連れて行きたい、という話に発展して。

もともとわれら夫婦の新婚旅行がオーストラリア(エアーズロック〜ゴールドコースト)ということや、妻が自身の父母と一緒にケアンズに行ってるので、ちょっとだけでも土地勘あれば、という話で決まりました。
まぁ10年以上海外旅行なんて行ってない(パスポート取り直した)のもあって、他のところは不安があったんですよねー。

初海外旅行にオーストラリアはオススメ

まだ海外旅行行ったことないー、という方には、実はオーストラリアは非常にオススメであります。まぁ私はあとハワイしか行ったことないんで経験値としてはかなり低いわけですが(苦笑)。

幾つか理由がありまして。

  • 時差がほとんどない(1時間)
  • チップの概念がない
  • 飯が美味い

時差が殆ど無い

これは意外に大きいポイントでして。
海外旅行において、時差ボケって結構デカイんですよね。時差ボケに強い弱いがあるみたいですが私はホントにダメで、以前ハワイに行った時は着いてから2日くらいは苦しみましたし、帰国してからも苦しみました(苦笑)。

それが1時間しかない、というのはすごく楽でした。いやホントに楽。飛行機の到着時間とかによっては、早朝から観光みたいなことにもなりますが、多少そこがキツくても、一晩寝れば復活できます。

短期間の滞在になる海外旅行では、この時差がほとんどない、というのが大きかったですね(自分が大丈夫でも同行者がダメな場合もあるし)。

ちなみにオーストラリアは時差+1時間。

チップの概念がない

これも面倒が無くていいですね。ホテルでのベッドメイキング、飲食店でのチップなど、この文化があるところは結構面倒(飲食店に至ってはチップ代が最初から組み込まれているところもあったりして)。小銭をこのために持ってなきゃいけないとか、まぁいろいろ気を使うんですよね。

その点、オーストラリアはチップの文化がないので、そういう気遣いは無用、というのはすごく良かったです。

飯が美味い

日本でがっつり生活してると、やっぱり味の組み立てとかが海外とは合わない、という事は多々あります。ガイドブックなどで店を探して入るわけですが、入ってみると「あれ?日本の方が安くて美味いんじゃね?」と思うこともしばしば。

オーストラリアは比較的どこに入っても美味しいです。もちろんオージービーフとかカンガルーとかクロコダイルとかの肉は有名なのですが、それよりもシーフードですね。シーフードを使った料理は本当に美味しかった。

あと意外かもしれないですが、コーヒーが美味しいです。ホントに美味しい。

基本的には「エスプレッソコーヒー」です。これを「Short Black」と呼び、我々日本人に馴染みのある普通のブラックコーヒーはこのShort Blackをお湯で割った「Long Black」と呼びます。

エスプレッソということですから基本的にカフェオレというよりはカフェラテになるわけですが、このラテは「Flat White」と呼ばれていました。

ちなみにアイスラテとか頼むとすんごい量になりますが、これがまた美味しくて、水分あまり摂らない妻も、毎日がぶ飲みしてしまう感じでした。

ケアンズでの朝食はすべて街の中で済ませました。この店(Shop 3 Coffee & Teaというお店)は結局毎朝通ったなー。

IMG 5368
IMG 5367

IMG 5301

日本人観光客とは初日に2人だけお見かけしただけで、あとは現地の方々がおいでになるような感じでした。海外旅行の醍醐味(現地の人が使うお店で食事するとか)の一つを味わえて、息子もThank youとか See you!みたいな言葉を使って会話出来てたので、いい経験になったんだろうなー、と思っております。

ちなみに初日にはここに現地の女性警察官が朝食を買いに来たんですが、このひとがものすごい美人で、妻と私は会話するのも忘れて見とれてしまいました。写真はありませんごめんなさいw

ケアンズでのモバイル機器運用について

すっかりモバイル機器の使徒と化してしまった私なんかは、海外でサイト検索とかそういうのが使えないのはやっぱり不安になるものでして(末期だろ・・・)。まぁ今回は義父母がiPhoneというのもあったりして、撮った写真を共有でほぼリアルで見せることができるかもしれないし、Facetimeとか使えば電話料金気にせずやりとりもできるだろ、ということで、事前に調べてから行きました。

今回はモバイルWiFiルータのレンタルは行いませんでした。いや、これも悪くはないんですよ。ただ、持ち物が増えちゃうのもなぁ、と思ったので、選択肢から外しました。海とか熱帯雨林とか行くのに持っていって、失くしちゃったら弁償だけじゃなくてその後の旅行中で使えなくなっちゃいますからねぇ。

私が使っているのはauのiPhone6s plusなので、auにおける海外利用についてちょっと調べました。

そしたらauは「世界データ定額」っていうプランがあるんですよ。

980円/24時間で今の携帯のデータ容量をそのまま海外で利用できる、というもの。これなら追加でモノを持っていく必要もないし、楽でいいかも!!!

と言いつつ。

もうちょっと調べてみたら、どうも現地SIMがすげー安くて便利だ、という情報を多数見つけまして。自分のiPhone6s plusはSIMフリーになりましたんで、せっかくだから恩恵を受けよう、とも思いました。

まぁ着いて初日は世界データ定額で、SIM売ってるところを見つけたらそこで買ってみればいいかー、と。

ケアンズ着いて、空港の中でauの世界データ定額をONにしたら、たしかに使えるようになりました。まぁこれはこれで便利(専用アプリから24時間のカウントダウンが見える)。あと勝手にiPhoneって現地の時間に合わせてくれるんですね、時計。

荷物受け取って、旅行会社の人と話して、最初の観光まで空港内で待機、ということになって。

そしたら、駅の売店に「SIMカード」が置いてあるのが見えました。おおお!これは!!!

オーストラリアの通信会社はTelstra(日本でいうNTTみたいな感じ)、Optus(日本でいうauみたいな感じ)、Vodafone(日本でいうSoftbankみたいな感じ)の3社が大手です。他にも格安SIMとか扱ってるところもあるようですが。

事前に調べたところでは、Optusが設定も楽、という話だったので、早速OptusのSIMカードを購入しようと店員に「OptusのSIMカードほしいんだけど」って(日本語通じないんですがまぁなんとかなります)聞いてみました。

すると慣れた感じで店員が「何日滞在すんの?」と。5日だよー、って返したら「じゃあ$10のやつがいいよ。トータルで10GBまで使えるんだけれど、一日に2GBずつ消費されて、最大でも1日は4GBまでしか使えない。一日2GBを守れば5日間はこれだけで行けるよー」と。

じゃあそれくださいー、ということで購入。購入にあたって注意点も教えてくれました。

「このSIMカードを使うにはクレジットカードかパスポート番号を入力する必要があるんだけれど、クレジットカード番号を入力するのはDANGEROUS!!!!パスポート番号のほうがいいよー!あとは画面に従って滞在先のホテルの住所とかそういうのを入れていけばOKさっ!」

オーストラリアドル、この日は$1=91円くらいだったんですよね。ということは910円で5日間にわたって1日2GB使える(しかも実は音声通話もできるように番号が渡されますが、これは課金の対象なんで使わなかった)。

いや安いでしょ!!!!!

ちなみにOptusアプリというのもあって、それでリアルタイムで使っているSIMのデータ残量等が確認できるのがすげー便利でした。

IMG 5314

まぁ調子にのった息子がホテル(Wi-Fiの利用料が24時間で$24とか暴利だろ!)でYoutubeとか見まくってあっという間に4GB使ったりして1日分残量足りなくなったというのはまた別のお話(オーストラリ行ってまでSEIKINとかHIKAKINとか見なくても・・・)。

ケアンズでは市内のショッピングモールやスーパーなんかも見ましたが、いたるところで普通にSIMカードが売ってて驚きました。

IMG 5293

携帯ショップもリサイクルしたものなんかを専門に取り扱う店があったりして、プリベイドのSIMカードとかを普通に使う文化なのかなぁ、とか思ったり。

ちなみに。
OptusのSIMカードはGoogle Play Musicを聴く分には使い放題(チャージされてる容量は一切使わない)ようでした。いや普通に安いよコレ・・・。

そういえば台風とか来ましたよね・・・

ケアンズ滞在期間中、どうもサイクロンがオーストラリアに来ていたようです。実はそのことは全く知らくて、現地のガイドが「台風がー」というので知ったくらいでした。そのくらいケアンズは影響なくて、雨季なのに一度も雨が降らないという素晴らしいものでした。

その代わりすげー暑かったですが・・・37度とか普通に越えてて、湿度も尋常じゃなかったんですよ・・・20時回っても30度越えてて、現地の人も「3月にこんな暑いの初めてだよ・・・」とか言ってました。

全く台風の影響がなかったかというと、そんな事はなくて、海でのアクティビティでは波が高くなったこともあって幾つか出来ないものがあったようです。まぁ我々は海で泳げればそれで十分だったんで。

いいことばかりではなかった・・・物価が・・・

全体的には満足だったんですが、いいことばかりではありませんでした。とにかく物価が高いということです。

外で食事をする際、一人分で$20を下回る店はほとんどありませんでしたよ・・・コンビニもえらい高くて、スーパーで買うのが一番安い、とか言われましたが・・・500mlのコーラなんか$5とかしてましたよ・・・。
ビッグマックも日本円で500円以上する(単品っすよ)感覚で。まぁ為替の関係というのもあるのでしょうが。

老後をオーストラリアで、と移住してきたリタイア組が、思い描いていた老後のようにうまくいってない、というのもこの物価のせいだと聞きました。
ケアンズにもダイソーがあって、$2.80でした。レートから行けばどのくらい高いかがなんとなくわかるかと思いますが・・・。

一応現金を作っていきましたが、ケアンズは日本で言う石垣島のような場所で、小さい店だとカード使えないところとか普通にあるもんで、用意していた現金が結構な割合で無くなって行くのに、内心ドキドキしてましたよ・・・。

いろいろありましたがとても楽しい家族の時間を過ごせました

振り返ってみると、実は家族3人でこうしてべったりと過ごす時間って今まで無くて。これまでの長い休みも、家の事やったり、親族とあったり、とかまぁ家族だけでってのは難しかったんですよ。

そういう意味で、本当に3人べったり、いろんな話をしながら楽しく過ごせました。本当に良かった。

なお、観光の話とかをあまり書かなかったのは、ネタバレになっちゃうからでして、観光地はやはり観光に行った人がそこで目で見て感じるからこそ面白いよね、ということで。

ちょっと支離滅裂気味ではありますが、まぁかんたんなご報告でございました。

-Diary
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロジクール製iPad Pro専用キーボード「CREATE」が使えない(いまのところ)件

えーと、ちょっと前にも書きましたけど、iPad Proを買ってました。 これがもう最強すぎてたまらんのですよ。マンガ読む端末としては本当に素晴らしく、AmazonプライムビデオとかNetflixとかY …

クラシック音楽三昧

この週末は音楽聴き三昧でした。 ゲームばっかりしてるわけじゃないですよっとw まぁWoTがPS4に来てたからちょっとだけやってみましたけれどもw ゲームはあくまで息抜きですのでお忘れなく(誰に言ってる …

no image

三連休終了

三連休が終了しました。盛岡での妻子との楽しい時間も終わりまして、東京戻る新幹線車中で書いております。当初予定していたミッションの数々は取り敢えずこなせた感じ。一部やり残しもありますけど、だいたいはOK …

no image

日産スタジアム2014 2日間LV参戦

えーーーーーと・・・。 このBlogを昔から見てくれてる方とか、まぁ私の事を知っている方には申し訳ないというかアレなんですが。 私、モノノフです。 はい。 モノノフっていうのは「ももいろクローバー(Z …

今日は息子の誕生日。

10歳になりました。早いなぁ。 関連

no image

2017/06/06

Appleの新製品発表とかの所感

久々のBlog更新は、まあAppleの話。 関連

2017/05/10

iA WriterでWordPressが更新できるらしい

最近ちょっとBlogをお休みしておりましたが、そろそろ再開な感じで。オーボエ吹き紹介連載もいろいろたまってるし。 関連

2017/04/09

年度末にケアンズ行ってました

年度も切り替わってるのにBlogがすっかりご無沙汰になっておりました。まぁ幾つか理由はあるのですが、一番大きいのは、年度末の海外旅行。行き先はオーストラリアのケアンズでした。 関連

2017/03/18

極私的名奏者列伝〜アレックス・クライン〜

なんのかんので4回目となりましたこの企画。これまでヨーロッパの奏者を取り上げてきましたので、ここらでアメリカに目を向けてみます。 ということで今回取り上げるのはアレックス・クラインです。 関連

2017/03/12

極私的名奏者列伝〜Alf Nilsson〜

ごく一部で話題になってる本連載、いよいよ第三回目になりまして。 第三回目はAlf Nilssonです。 関連

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30