GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Music

今の若いオーボエ奏者にとっての「スター奏者」って誰なんだろう?

投稿日:

昨年、オーボエ奏者としてひっさしぶりにオケ乗ったんですよ。その時に声をかけて下さったオーボエ奏者の方と会話してた中で、面白い話題がありました。「今の若い子たちにとっての、憧れのオーボエ吹きって、一体誰なんだろう?」

アラフォー世代のオーボエ界スーパースターって・・・

アラフォー世代の我々にとっては、オーボエ界のスター奏者というと、だいたい出てくる名前は決まっておりまして。

ローター・コッホ

言わずもがな、カラヤン/ベルリン・フィル時代を象徴するスタープレイヤーの一人(1970年代のベルリン・フィルはちょっと意味わかんないくらいスタープレイヤー揃いだった・・・フルートのゴールウェイ、クラリネットのライスター、ホルンのザイフェルト)。分厚いリードと多少過剰なヴィヴラートの連続にも関わらず、全てが音楽的(起きてる間は、酒飲んでるかオーボエ吹いてるか、って言われるほどだった、と某プロ奏者から伺ったことがあります)。

日本のアマチュア奏者が一時期みんな真似をしたと言われる(実際はどうだったんでしょうね)彼の奏法は、結局彼でなければ実現できないものであったという意味で、貴重。

オーケストラプレイヤーとしても素晴らしいのですが、ソリストとしても本当に素晴らしい存在。代表的な録音としてはやはりシュトラウスのオーボエ協奏曲かな。これはカール・ライスターも自叙伝の中で「ベルリン・フィルで最も印象深い演奏の一つ」として取り上げるほどです。この曲の録音は数多く出ておりますが、未だにこの演奏こそがベストワン、という方も多いのではないでしょうか。

ハインツ・ホリガー

神様。

いやもうこの一言で終了なんですけどね・・・ちなみに現代音楽作曲家としても、指揮者としても、その才能をいかんなく発揮しております(指揮者としてベルリン・フィルの定期公演も指揮してたりします)。というか、まだ現役ですよ・・・すげぇ・・・。

コッホの独特な音色とはまた別で、どうしてもペラペラとした印象の音が、アマチュアのオーボエ奏者には割りと不評だった印象があります(ただし一般の方にとってのオーボエってのはホリガーの音だったようですね・・・)。私も若い頃は全く受け付けなかったのですが、ある時突然好きになりまして、以降は神様として崇めております。

尋常じゃない数の録音を残しているホリガーですが、やっぱり個人的にもっとも衝撃的だったテレマンの無伴奏ですかね。これ一人で吹いてるんですよ・・・ちょっと意味わかんないくらいすごくて、初めて聴いた時は唖然としました。こちらも他の奏者が演奏された録音が結構な数ありますけれど、私にとってはやっぱりホリガーこそが至高!とか思っちゃいます。

-Music
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

なんでこんな安いんだ?〜R・シュトラウス作曲 歌劇「エレクトラ」のBlu-rayが激安すぎる〜

(2017/02/20 追記 Amazonリンクがあると表示されなかったので諸々消しました) マゼールの録音とかいろいろAmazonであさっていたら、歌劇「エレクトラ」を発見。 R・シュトラウスが作曲 …

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏を偲ぶ

既にNHK交響楽団のニュースや読売日本交響楽団のニュースにも記載がありますが、指揮者のスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏が亡くなりました。享年93。 関連

演奏会のハシゴ(新日本フィルとオルケストラ・クラシカ)

7/11(土)なんですが、オーケストラの演奏会をハシゴすることになりまして。 クラシック音楽の演奏会には出かけるのですが、一日に2公演聴く、というのはあまりないですね・・・疲れました(笑)。 関連

オーボエを吹かずにオーボエの練習をする

そういえば俺ってオーボエ吹きだったよね、と思いたち、カラオケBOXいってオーボエ吹いてきました。たまにはオーボエのこと書かないと自分でもオーボエ吹きだってこと忘れちゃうから(苦笑)書いておきますよっと。

近況報告と、「ハルサイ」の新たな名演

すっかり間が空いてしまったこのBlogですが、まぁまぁ元気でやっております。なんというか、色んな意味で落ち着いた日々を過ごしているというか。 モノノフとしては現場にはもう随分行かなくなりましたけれど、 …

2017/04/09

年度末にケアンズ行ってました

年度も切り替わってるのにBlogがすっかりご無沙汰になっておりました。まぁ幾つか理由はあるのですが、一番大きいのは、年度末の海外旅行。行き先はオーストラリアのケアンズでした。 関連

2017/03/18

極私的名奏者列伝〜アレックス・クライン〜

なんのかんので4回目となりましたこの企画。これまでヨーロッパの奏者を取り上げてきましたので、ここらでアメリカに目を向けてみます。 ということで今回取り上げるのはアレックス・クラインです。 関連

2017/03/12

極私的名奏者列伝〜Alf Nilsson〜

ごく一部で話題になってる本連載、いよいよ第三回目になりまして。 第三回目はAlf Nilssonです。 関連

no image

2017/03/10

6年

そうですか、あれから6年経つんですね。 関連

2017/03/07

名作戦国SLG「不如帰」がやりたい

先日、信長の野望の話を書いたんですけど、戦国SLGって面白いですよね。私にとって初めての戦国SLGはもちろんFC版信長の野望・全国版だったわけですが、一番やりこんだのはおそらく「不如帰」だよなぁ、と急 …

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2017年2月
« 12月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728