GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Music

Dima Slobodeniouk がラハティ交響楽団の首席指揮者に就任!

投稿日:2016年2月9日 更新日:

Dima Slobodeniouk が、ヴァンスカとのシベリウスの交響曲全集で有名な「ラハティ交響楽団」の首席指揮者に就任するとのことです!2016年秋から!

・・・って、誰???という方も多いですよね(苦笑)。

いや、この指揮者(日本語表記だと「ディーマ・スロボデニューク」だそうです)なんですが、たまたまYoutubeで見つけたんですよ。

スペインにある Sinfonica de Galicia(ガリシア交響楽団)というオーケストラ。ここは割りと定期的に演奏会の模様をYoutubeにあげてくれています。

最初に見つけたのは、マゼールが指揮をしたマーラーの1番でした。

これがまた晩年のマゼールの真骨頂とでもいうべき演奏でして、いやはやすげーよこれ、と思ったんですよ。
ただ、このオケが謎のオケで、全く知らなかったわけです。

ちょっと調べてみたら、どうもスペインにあるオーケストラとのこと。マゼールも呼ぶくらいですし、演奏の水準も高いので、これはきっとスペインを代表するオケの一つなのかもしれないなぁ、と。ってか他にもインバルやオロスコ・エストラーダ(hr交響楽団の首席指揮者ですね)、スラトキンなんかも呼んでたりしてて、なかなか凄いんですよ。

で、いくつかこのオケの動画をあさってたら・・・Dima Slobodenioukさんに出会ったわけです。

このオケの首席指揮者らしく、いくつか演奏が上がっていたのですが、これがですねぇ・・・素晴らしいんです!!!!

まず驚いたのはシベリウス。とにかく美しい!!!

そして幻想交響曲!メリハリに富み、狂気の中に格調高さまで併せ持つ!なかなかの芸です!

他にも、マーラーの交響曲第3番なんかも素晴らしいわけで、もう全部紹介したいくらいです!

オケの精度がたまに落ちる瞬間はありますが、まぁライブ一発撮りですしね、かなりの数の演奏をこうして動画で公開してくれているというのも含めて、ありがたく拝聴しておりますです。

それにしても、Slobodenioukという指揮者、全然知らなかったんですよ・・・勿体無い!実演に触れてみたい!!!来日してくれないかなぁ・・・どこか日本のオケで呼んでくれないかなぁ・・・とずっと思ってました・・・。

そしたら、まさかの「ラハティ交響楽団」の首席指揮者就任ですよ!!!!(現在のシェフはオッコ・カム)

先ほど紹介したシベリウスを、ラハティ交響楽団との共同作業で作り上げてくれるわけですよ!!!!期待大!!!ってか来日して!お願い!!!!

ということで、まだまだ世界は広いなぁ、と。こんな才人(個人的にイチオシだったりします)、もっと日本でも知られてよいはず!!!!!!

ということで、来日公演まってます!そして日本のオケの関係者な方、ぜひどこかで客演で呼んでもらえないでしょうか・・・切に、切に希望しております・・・。

-Music
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

極私的名奏者列伝〜アレックス・クライン〜

なんのかんので4回目となりましたこの企画。これまでヨーロッパの奏者を取り上げてきましたので、ここらでアメリカに目を向けてみます。 ということで今回取り上げるのはアレックス・クラインです。 関連

ぎじん生誕祭オケとかってやつは中止になったようです

なんかヒトゴトみたいに書いちゃってますが、はい、中止です。 関連

(珍しく)演奏会のお知らせ

そういえば自分はオーボエ吹きだったよね、というわけで、珍しく自分が出演する演奏会のお知らせ。 関連

no image

ぎじん生誕祭オケってなんだ?

あれ?10月入ってからもしかして更新してなかった??? というわけでBlogはちょっとご無沙汰してたのですが、まぁ元気でやっとりました。仕事で徹夜したり、徹夜明けなのになんかいろいろ別なトラブルが発生 …

バレンボイムのブルックナー

白状するとバレンボイムのブルックナー、好きですw ブルックナーはヴァント/BPOの5番で目覚めた人間ですが、その前に2度ほど感動した演奏かありまして。 関連

2017/04/09

年度末にケアンズ行ってました

年度も切り替わってるのにBlogがすっかりご無沙汰になっておりました。まぁ幾つか理由はあるのですが、一番大きいのは、年度末の海外旅行。行き先はオーストラリアのケアンズでした。 関連

2017/03/18

極私的名奏者列伝〜アレックス・クライン〜

なんのかんので4回目となりましたこの企画。これまでヨーロッパの奏者を取り上げてきましたので、ここらでアメリカに目を向けてみます。 ということで今回取り上げるのはアレックス・クラインです。 関連

2017/03/12

極私的名奏者列伝〜Alf Nilsson〜

ごく一部で話題になってる本連載、いよいよ第三回目になりまして。 第三回目はAlf Nilssonです。 関連

no image

2017/03/10

6年

そうですか、あれから6年経つんですね。 関連

2017/03/07

名作戦国SLG「不如帰」がやりたい

先日、信長の野望の話を書いたんですけど、戦国SLGって面白いですよね。私にとって初めての戦国SLGはもちろんFC版信長の野望・全国版だったわけですが、一番やりこんだのはおそらく「不如帰」だよなぁ、と急 …

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829