GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Music

オーボエパートのある、モーツァルトのレクイエム編曲版!

投稿日:2014年9月17日 更新日:

モーツァルト最後の作品にして、未完の名作「レクイエム」。

名曲中の名曲で、弟子のジェスマイヤーによる補筆完成版や、音楽研究者による様々な考察によって(半ば無理矢理)完成させた版など、いろいろあるわけですが、どの演奏を聴いてもやはりこの作品が偉大な作品であるという事に文句のある人はいないでしょう。

・・・オーボエ吹き以外には・・・。

そう、この曲、オーボエ無いんですよ・・・。モーツァルトはクラリネットが大好きになってしまって、交響曲でも39番でオーボエを除外し、40番にもクラリネット付きバージョンを作り(おかげでいくつかのソロがオーボエからなくなってる)、そしてこの大作においても、オーボエパートがありません。

ですが!
ついに我々オーボエ吹きに福音が!!!!!!

木管アンサンブル版のモーツァルトのレクイエムが出たんです!!!

楽譜が出版されるかはアレですけど、これは聴きたい!是非聴きたい!!!!!!
近々購入予定!買って聴いたらレビュー書きます!楽しみ!!!

-Music
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ベートーヴェン・プロジェクト

一応、指揮活動なんてものもしております。…

no image

デュトワがモントリオール交響楽団に久しぶりに帰ってきてました

クラシック音楽ファンにとって、思いつく指揮者とオケのコンビは一体どれでしょうか。カラヤン/BPO、バーンスタイン/NYP、ベーム/VPO、ショルティ/CSOなどなど枚挙に暇はありません。 そんな中でも …

ぎじん生誕祭オケとかってやつは中止になったようです

なんかヒトゴトみたいに書いちゃってますが、はい、中止です。 関連

今の若いオーボエ奏者にとっての「スター奏者」って誰なんだろう?

昨年、オーボエ奏者としてひっさしぶりにオケ乗ったんですよ。その時に声をかけて下さったオーボエ奏者の方と会話してた中で、面白い話題がありました。「今の若い子たちにとっての、憧れのオーボエ吹きって、一体誰 …

オーボエを吹かずにオーボエの練習をする

そういえば俺ってオーボエ吹きだったよね、と思いたち、カラオケBOXいってオーボエ吹いてきました。たまにはオーボエのこと書かないと自分でもオーボエ吹きだってこと忘れちゃうから(苦笑)書いておきますよっと。

2018/06/03

Android機を購入(HUAWEI Mediapad M5)・・・端末編

前回書いた通り、HUAWEIのMediapad M5を購入しました。今回はこの端末のご紹介を。 関連

2018/06/03

Android機を購入(HUAWEI Mediapad M5)・・・序章

iPhone登場でスマートフォンという概念が登場し、iPad登場でタブレットという概念が登場し、今や日常生活に普通に存在するようになった(むしろ都内だとどちらも持っていない人を探すほうが難しいのでは? …

2018/04/02

新しいiPadに想いを馳せつつ麺を食らう日々

新年度最初の出社日。 初々しいリクルートスーツ姿の方々も目に入りまして、ようこそこちら側へ、というところ(どちら側?)。 関連

2018/04/01

謹賀新年度

2018年度いよいよスタート。 ちょっとBlogも昨年度は後半失速しちゃってたので、心機一転、改めてまた書いていこうと思います。 関連

2018/02/14

一つ歳を取りました

今日はバレンタインデー。ついでに私の誕生日だったりします。 関連

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930