GIJIN.NET

ITと音楽の狭間

Music

オーボエパートのある、モーツァルトのレクイエム編曲版!

投稿日:2014年9月17日 更新日:

モーツァルト最後の作品にして、未完の名作「レクイエム」。

名曲中の名曲で、弟子のジェスマイヤーによる補筆完成版や、音楽研究者による様々な考察によって(半ば無理矢理)完成させた版など、いろいろあるわけですが、どの演奏を聴いてもやはりこの作品が偉大な作品であるという事に文句のある人はいないでしょう。

・・・オーボエ吹き以外には・・・。

そう、この曲、オーボエ無いんですよ・・・。モーツァルトはクラリネットが大好きになってしまって、交響曲でも39番でオーボエを除外し、40番にもクラリネット付きバージョンを作り(おかげでいくつかのソロがオーボエからなくなってる)、そしてこの大作においても、オーボエパートがありません。

ですが!
ついに我々オーボエ吹きに福音が!!!!!!

木管アンサンブル版のモーツァルトのレクイエムが出たんです!!!

楽譜が出版されるかはアレですけど、これは聴きたい!是非聴きたい!!!!!!
近々購入予定!買って聴いたらレビュー書きます!楽しみ!!!

-Music
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

極私的名奏者列伝〜ハンスイェルク・シェレンベルガー〜

ちょっと今回からシリーズじゃないけれど、不定期ではありますが、自分が個人的に好んで聴くオーボエ奏者について、その録音とともにご紹介していこうかな、と思っています。第一回はシェレンベルガー。 関連

iPhone6 plus の本申し込みが完了!

いやー、こないこないといっていたiPhone6 plus の本申し込みメールが、午前中に届きました! 申し込みを無事に済ませて、月曜には届くようです。週末はさわれないけど、来週火曜はお休みですし、そこ …

オーボエでステージに乗りまっす(まさかの年内)

秋にWTB合奏団の演奏会にオーボエ奏者(カヴァレリア・ルスティカーナ前奏曲のみの出番ですけれど)としてなんとかステージ復帰したんですが、なんとオケに乗ることが決まりまして。2ndオーボエで、それも年内 …

iPhone6 plusが・・・・・・こない・・・

(2014/09/20追記・・・本申し込みメールが来ました!) えーと、はい、まだ来てません。 だいたい1年くらい前にiPhone4sからiPhone5sに機種変更した(Softbank)んで、今回の …

現代アートに身を委ねる日

自宅にあったPlayStation4を盛岡に送った今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか。 (据え置きゲーム機は東京の自宅からは無くなりましたが、やろうと思ってたDARK SOUL3とかが自宅にまだ …

2017/09/11

ik1200代替品発送(logicoolより連絡あり)

最近Parrot Zik 2.0が壊れたり、ik1200が壊れたり、個人的にちょっとツライ出来事があったり、とちょっと運気が下がりつつあったのですが、妻から「心機一転ということで」とタオルやシーツなど …

2017/09/04

ik1200の交換・・・

正直いって皆さん、もう忘れてるかと思いますが、わたくし、iPad Proの外付けキーボード「ik1200」にとても苦しめられた過去がありましてですね・・・。 最終的な決着はここに書いた通りで、まぁ普通 …

2017/09/03

目の覚めるようなベートーヴェンのソナタ(熱情)の演奏と出会う

息子がピアノを習っていて、盛岡に帰省するときにはその練習を見てあげている関係からか、最近ピアノ曲をよく聴くようになりました。そういえばBlogでも以前「大好きなピアノ協奏曲」とかっていう記事も上げてま …

no image

2017/09/03

Parrot Zik 2.0 またまた壊れる(3回目)

以前も書いたことがあるんだけれど、ヘッドホンとして自分の愛機は「Parrot Zik 2.0」であります。クラシック音楽聴くのに、個人的にはモバイル環境においては今のところは(いくつか不満はありながら …

2017/08/21

お盆を利用して大船渡に帰省してみて大きなため息をつく

すっかり間が開いてしまいましたけれど、中の人は元気でやっております。はい。夏休みをいただいて、実家の大船渡にも顔を出してきました。身内は皆元気でやっておりまして、まぁ甥や姪がまさかの吹奏楽部に入ってて …

管理人:ぎじん

岩手県出身のアマボエ(アマチュアオーボエ)奏者 ときどき 棒振りになったりする40代♂
震災後に転職、単身東京へ(妻子は盛岡に残してたり)。IT業界の混沌とした流れに身を任せつつ、仕事と趣味の狭間にあるものを書き留めていくとかそんな感じ。
2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930